アンティーク着物とラルクアンシエルが好きな駒千代の不定期日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
NHK特番を含むラルクミュージアム感想です…。
感想書くのって大変なんですね…2週間かかってしまいました。

CIMG27131.jpg


サカス感想に入る前に、まずはコチラの会話からお楽しみください。

ある日会社に出勤した朝の事。わたくしコマドリはライブに行く時とか色々面倒なので、会社ではラルヲタを封印し「ちょっとバンドに詳しい園芸好きな女の子」という設定で生きています。

私「おはよーございまーす!」
先輩K「おはよー…俺、今日ちょー眠い…。」
私「え?昨日何時に寝たんですか…。また机で寝たんですか…?」
(先輩は机に突っ伏して寝る癖があります。)
先輩K「いやぁ、録画したまま溜めてたヤツを一気に見たんだよ。で、NHKでやってたラルクのライブが思いのほかよくてさ!びっくりしちゃったよ!!」
(洋楽好きの先輩の口からまさかラルクの名前が出てくるとは夢にも思わず、コマドリさんは一瞬凍る。)
私「えぇえ…先輩、ラルクとかも見るんですね…。以外です…。」(ものっそい動揺)
先輩K「えぇ?まぁ…でもNHKでやってるやつは見るんだよねー。」
私「で、どうだったんですか?」(見てないフリ。)
先輩K「あのラルク人気は何!?ってくらいの盛り上がりでさ、見てて面白かったよ。何であんなに人気あるの?」
私「ハガレンのタイアップが付いてたからじゃないですか?」
先輩K「あぁああああ!!なるほどねー!じゃぁあの客層にも納得だよ!」
私「客層?…若い子ばっかりだったんですか?」(引き続き見てないフリ)
先輩K「いやぁ、若い子もいたけどオッサンとかも居て。むこう(フランス)ってゲイの人多いでしょ?だからそういう目で見てるのかと思って。」
私「hyde可愛いなって?」
先輩K「…hyde萌え~みたいな(笑)」
私「hyde萌え~(笑)」(←会社で言ってみたかった。)
先輩K「なんか妖精的なものに見えてるのかと思ってたw」


先 輩 、 ハ イ ド は 妖 精 な ん だ よ 。(心の声)


先輩K「フランスでの日本漫画人気は凄いらしいからね。納得したよ。あ、もう一つ!客に合唱させるところが有ったんだけど、あの声量は何?日本語の歌詞で外人ばっかりなのに。」
私「向こうでもCD売ってるんじゃないんですか?」
先輩K「ふーん。そう言えばさ、ギターのken?特攻に打たれてて(笑) アレは何なのw」
(打ち合わせが無いのか、という疑問らしい。)
私「あはは…。そんなこともあるんですねー。」(ひたすら見てないフリ。)

その後もラルクの素晴らしさをまだ1%も理解していない先輩Kとの会話は続き、メンバーの名前すら間々ならないあの野郎にだんだん腹が立ってきて(落ち着け)、ラルクってCD売れてんの?の一言に堪忍袋の緒が切れて、

私「あそこ(ラルク)は既存のファン相手に商売やってても成り立つんですよ!」

と言っておいた。ちょっと見栄を張りすぎたかもしれない。愛ラブL'Arc-en-Ciel。


***

ラルクミュージアムから明けて約2週間そんなかんじで過ごしておりました。久しくライブレポなんてものを書いていなかったのと、なんか時間に追われることに嫌気が差してきたこともあってダラダラと下書きしてダラダラと打っていたら新鮮味が全く無くなってしまいました。でも、毎度おなじみ「自分の記録のために」載せておきます。

5月22日 ~地元からの旅立ち~
諸事情で夜行バス移動を選択したハイヲタAさんと私。23日に参加予定なので22日の夜中に地元を出発しました。ハイヲタAさんとは4ヶ月くらい会ってなかったのですが、久々に会ったハイヲタAさんは帽子にメガネにマスクという海外公演の移動時に空港でよく見るハイドのような出で立ちだったので会った瞬間おもしろくなってしまいました。(ごめん。)
そんな自分も顔はテンテロリン、服はパジャマのワンピースにヨレヨレのカーディガン羽織っただけだったので全力で海外公演の移動時に空港でよく見るケン様のようでした。ヨレヨレ。
そして、私はこの夜が始めての夜行バス☆だったので寝れるか心配でしたが、当日出勤30分にして残業フラグが立ち、なんとしてでも定時で帰りたいが為に3倍速で仕事したおがけですぐに寝れました。(疲労)
そんで起きると帝都の真ん中だーい\(^o^)/!

5月23日 ~怒涛の18時間活動~
えっと、5時に新宿に着いたのでマックへ行って「朝マック」どころか「早朝マック」状態を楽しみました(笑) マックではコーヒーを飲んだだけの滞在でした。その後、人生2回目のネカフェに行ってお化粧したり身支度を整え8時に赤坂へ向け出発でございます。
赤坂駅に着くとすでに物販の列が出来ていて、何の列は定かではないが並んで損は無いと思い、とりあえず並んでみると…やっぱり物販の列でした。このへんで確か9時くらいになってたんですけど、物販が始まるのが10時なので炎天下の下1時間近く待ってたんです。ここで既に体力の2分の1は使ってしまったんですよ。先が思いやられるであります(´・ω・`) …。

開店前の物販。
CIMG27061.jpg

ミュージアムの可愛らしいゲート
CIMG27081.jpg
ちょっぴり写っている白いドームテントにメンバーの衣装とかが展示されています。

最終打ち合わせしてるっぽいクルーの皆さんとサカス400
CIMG27121.jpg


で、物販の列に並んでいるのに嫌気が差してきたころ、ハイヲタAさんにさらたんから着電。なにやら芋とか栗とかがどうのって…。会話の内容はよく分からなかったけど「さらたん×芋×栗」という組み合わせになんとなく癒された+*

そんなこんなで10時になり物販開始。ヲタ根性で前から20人くらいの場所に並んでいたので開始10分くらいで買えました。そうそう、普通の物販とラルカフェの物販が違う場所だったので、グッズ買ったらすぐにラルカフェの方に並びなおさないといけなかったんですよ。一緒に売ればいいのにとか思ったけど、グダグダ言ってても仕方ないので並びなおしましたが案外すぐ買えました。
ラルカフェは渋谷でやったときのような「カフェ」ではなく「お菓子屋さん」的なもので、持ち帰り菓子のみの販売でした。マカロンに凄く惹かれたんですけど、3個で1400円ってどうなのよ…天下のラデュレのほうが安いじゃないか…とか疑問を持ち始め、最終的には3個入りトリコロールカラーマカロンの真っ青なDIVE TO BLUEマカロンを見たときに買う気が失せたwww なんぞコレwww おまえwww これwww バスクリン入れたべwwwwww
私には青色1号の塊に見えた。あれ食べたらライフが1個回復するのかもしれない(ポーション)
そうでなくてもこのマカロン、まともに食べれる代物じゃなかったと聞きます( ゚∀゚)・∵. 凄く…不味かったらしいです…。ちなみに製造は福岡とか。どこのマカロンだよ…

ちなみに私はチョコクランチだけ買いました。缶が欲しかったからさ☆


買いたいものを買い終わると既に11時。お腹も空いてきたので原宿へ行ってご飯にすることにしました。そしてあまりの暑さに耐えかねてラフォーレの地下の行きつけの帽子屋さんでキャノチエを購入。ココの帽子屋さんお気に入りなんです+* そして芋とか栗とか謎の電話をかけてきたさらさんと合流してランチを取り、再び赤坂へ。
まだ自分達の回までは時間があるので、もう何も無いだろうと思いつつもラルカフェ物販にいってみました。…やはり全品ソールドアウト状態でしたよ…。゚(゚つд⊂゚)゚。
それでもラルカフェ内にはクロニクル4の繋ぎ映像で出てきた「匠の技」が展示してあったり、「ア・パリ」カジュアル版の引き伸ばし写真とかが展示してあるので見所いっぱいなんだぜ☆
匠の技は「ハリクリ花火」と「マイドリ銭湯絵」・「ドリダン寿司」以外(ただし「デイブレ米粒」・「SHINE凧」はチケット持ってないと見れません。)は展示してあったので間近で見ることがでしました。つまり、「セブヘブ大漁旗」と「NEXUS4提灯」だけタダで見れます。セブヘブ大漁旗はわかりやっすーーく表すとこんな感じです↓



      タバコ  →  和太鼓にシンバル刺さってる

       ↑               ↓

    ベース両手弾き    ←    無
     (もはや琴)



コレが第一印象です。消去法で行かないとハイドがどれだか分りません。(コマドリさんの長所:正直)
で、空のショーケースを斜めに見ながらラルカフェを出ると、出口ではLE-CIEL NET改めL'mobileがティッシュ配りしていました。「赤坂サカス」にかけて「赤坂花サカス」と題して、ティッシュの中に花の種が入っていました・*。+゜★

貰ったティッシュ。
CIMG27281.jpg

これ、花の種を出さないとティッシュが使えない仕様になっています。ラルカフェを後にすると、さらたんのお友達ハイヲタHさんが合流。お久しぶりです~。なんでも当ブログを贔屓にしてくださっているようで有り難いばかりです…(*n゚д゚n*)サンクス+* Hさんは前の日のVAMPS福岡公演に参加した足で飛行機で福岡→羽田→赤坂というなんというかパッション☆溢れるヲタッぷりに感服の一言でございます。ほんで、四半世紀の我々は原宿からの移動で疲れがぶり返し、「( ゚∀゚)o彡°腰掛けたい腰掛けたい腰掛けたい」とババくささ満点でスタバのテーブルに陣取って暫しお茶にしました。
この時、Hさんの福岡土産の「博多明太パイ」とさらさんが何処かのSAから「芋とか栗とか食える?」と謎の電話をかけてきた正体「ポテトマロンパイ」をお茶菓子にして優雅なアフターヌーンパーティーが楽しめました。
(いや、正直なところコマドリさんは満腹のあまり「ずっしりと重い」と言うさらたんの「ポテトマロンパイ」が食べたくても食べれない状況で、そして結局さらたんに持って帰らせてしまったことを今でも悔やんでいる。本当に悔やんでいる。)

しばらくスタバのテーブルに居たんですが、ココ、サカス400(映像が上映されるスクリーン)の真下だったんですよ。ちょっと体勢がキツイけど見上げれば上映中の画面が見放題なおいしい場所で、音声なしながらも結構楽しめました(笑) 赤外線受信機が無い状態だと無音なので、「映像だけを見て何の曲が当てるゲーム」みたいなことになってましたw あ、そうそう、この時ですね、すんごくコメがウロウロしてたんですよ!ウロウロつうかソワソワ?落ち着けない子どもみたいにアッチに行って電話、コッチに歩いてきて電話、柵に足をかけながら電話、クルッとターンして電話って言うように(長電話)いつも視界のどこかにチラつくんです。凄い人混みにも関わらず、異様な存在感で一般人と線を引く近藤氏には何かカリスマ性を感じました(笑) なんだろう…「ウォーリーを探せ!」的な…。

近藤氏にカリスマ性を見い出していたら自分達の回が近づいてきたので整列して入場。白いドーム型のテントに入るとすぐに音声を受信する赤外線受信機と入場記念で持って帰ってもいいロゴ入りイヤホンを渡されました。するとすぐ目の前にシアキスハイたんの唇付きシルクハットが目に飛び込みました!はいたーーーーん(*´д`*)!!リーダーのデコバナナ水鉄砲やデコストラップ(パリ公演で使った物)などもこの並びにありました。順路どおりに進むと左手奥にハイたんのパリ衣装がガラスケースに展示されていて、そこを過ぎるとちょっと開けた展示スペースになっておりユッキーのドラムセットやギター、ベース、hydeちゃんのステッキマイクなど楽器類が展示されていました。 打楽器マニア・ハイヲタAさんの話によるとドラムのハイハットはリモートコントロールらしいです…そう言えば黒いコードのようなものが見えましたね…。ベースは覚えてないですが(おい)ギターは真っ赤なLAカスタムとレッドパールサンバースト様、それからピンクかかったラベンダー色のラメギターが展示されてたような気がします(信用しないでください。)
楽器類の周りには、また火やシアキス、L'7のパンフレット撮影に使われた小道具(ちっさい飛行船・ペンキ缶・シアキスの劇場模型など)が並んでいましたが、そこにポツンと不意を付くようにケン様のラジコン様が展示してあったんですよ!ハイヲタAさんに「あ、ラジコン様ですよ!!!」と言われなかったら絶対に気付かなかった!良かった見れて…君がケン様の寵姫か…。

それから感心したのは、ユッキーが「My Dear」で使っているスティック。当時のライブレポでは「太いスティックに持ち替えている」と書いていたんですが、訂正します!実は鉛筆よりも細い棒を何本も束ねていたんですよ。間近に見て始めて気づきました。あ、そう言えばGIGSで読んだ事あったかも…たしかレコーディング時はバスドラもコレに似た物に変えていたような気がします。(ただし、これも4年前に立ち読みした情報なので信憑性に不安が残る。)
んで、展示コーナーも終盤に差し掛かると、まず目に入るのはモデル体系のトルソー+* けんさまーーーーーーーーっ(*n゚∀゚n*)!!っと駆け寄っていったら、左ひじに直径2センチくらいの穴がポッカリと開いてたんですよぉぉおぉぉぉxっぉぉっぉxおお!!!!
なんか縁がうっすらと焦げてたような…。゚(゚´Д`゚)゚。うわぁぁああん!!!
ケンヲタこまどり、すがって泣きたくなってたら、

スタッフ「立ち止まらないで!上映時間が迫っています!!」

わかってるわい!

あんまりの剣幕で言うもんで、隣に置いてあったハイドちゃんのお立ち台がじっくり見れなかったじゃないか。どうしてくれるんだ(´ー`).。oO(でも次に入ったときに見ればいいか…)
失意にくれながら出口まで歩いたらユッキーの有り得ない位に細すぎる衣装が展示してありました。もうユキヒロさんの細さはケタが違う。あれは殆ど2次元の世界だよ!ケンちゃん毎日ユッキーにカレー作ってあげて!コメ食わしてやって!!

あ、出口にはシアキスうさぎさんが引いてたアンティークなオルガンがありましたが、「立ち止まらないで!進んで!!」と叫ばれるもので殆ど斜め見です。うぅ…。
テントを抜けると上映ゾーンでしたので、上映の感想を以下よりどうぞ。各公演日とか良く覚えていなかったので人のブログから拾ってきました。すみません。



★ Aパターン ★

L'7日本公演では幕間ドラマに出演した石田純一氏が今度は幕開けに登場。ドキュメンタリーDVDとライブDVD、写真集の発売記念イベント開催おめでとうございます的なありがたいスピーチをしてくださいました。こうもしょっちゅう出てくると、ラルクのイメージキャラクターの座でも狙っているのかとコマドリさんは疑いたくなる。(しょっちゅうでもないか。) シエルちゃんと純一氏を天秤に掛けろと言われたら5分くらい悩んでしまいそうな自分が居ます。それからラルクの魅力を大いに語る石田氏の「五感を刺激するような音、そして魅力的な詞」という言葉には納得した。納得したんだけれども、この辺で足元がアップになったのね、あの裸足に革靴の石田ルックが(笑) もういいよww でもこの地点で石田氏に軍配が上がるよな シエルちゃんはただ突っ立ってるだけだもん。
そして最後はやっぱり「ラルクは文化ですから。」と締めくくっておりました。そうです。ラルクは掛け替えのない地球と人類の果てしない記憶なのです。(TBSだけに)

5月17日韓国「SEVENTH HEAVEN」≫
テツの唐草模様Tシャツが懐かしい…未だにそれはどこのメーカーだ!と問いたいです。たぶんね、あんなTシャツ1枚でも5万円は下らないだろうぜ…

「ARC EN CIEL」というカフェを車で通りかかる小川代表≫
偶然なのか、それともわざわざ見に行ったのかは定かではありませんが、移動中と思しき車内からカフェの看板を見て一言。
tetsu「センス悪い名前やなぁ。」
※鹿野ブログとかでも見かけたことのあるあのカフェです。

セーヌ川のローレライ・ハイドちゃん≫
セーヌ川舟下り(クルージング)をしている船に向かって、
「ヾ(∂д6)<誰か手を振ってくれないかなぁ~」とか言いながら可愛らしく手を振ったんですが、遠すぎて誰にも気付いてもらえず孤独に苛まれるハイドちゃん。寂しさの反動からか突然、
「(*∂∀6)<写真とってあげるよ!ほら並んで!3.2.1!チーズ!」
とスタッフの写真を取ってあげていました。

世界で唯一モン・サン・ミシェルを背負える男≫
ドキュメントDVDで見たときからケン様はモン・サン・ミシェルが似合うなぁと思ってたんですけど、やっぱりみんなもそう思ってたみたいで、我々一同は声をそろえて『似合う似合う』と連呼していました。うるさくてすみませんw
でも、よくよく考えるとモン・サン・ミシェルそのものと言うより、周囲の風景を含めた上での「似合う」なんだと思うんですよ。厳密に言うと「海が似合う」ということなのかなぁ?まぁ言及はしないでおこう(笑)
・・・若大将ギタリストとかキャッチフレーズが付いても困るしw
なんにせよ、干潟の向こうに城のような修道院が見えるその対比が美しいですよね。私も一度行ってみたいです。夕暮れ時がまた綺麗なんですよね+*

この後も何度かモン・サン・ミシェルを訪れたケン様が出てきました。サン・マロ湾にかかる道を通りかかるキャンピングカーを見て、
「(`w´)<昔キャンピングカーが欲しくて、本を買ったのね。でも周りに大反対されたんだよね~。みんな"絶対飽きる!"ってさぁ…。」
リムジンバスを改造して豪華なキャンピングカーにするのが海外のセレブの間で流行っているそうですよケン様。そりゃぁもう「走るホテル」とまで言われているくらい至れり尽くせりだそうです。値段は知りません…。
サン・マロ湾に足跡を付けてはしゃいだりもしてました。モン・サン・ミシェルも似合うけど、プチ・トリアノン宮も似合ってましたよねぇ… 
なんだろう、もうあの人はフェルゼンの生まれ変わりなんじゃないだろうか。

ユキヒロさん@写真集の撮影中≫
何度も同じところを歩かされたり、ユッキーの後に陽気なおじさんがわざと映りこんできて邪魔されたりしてました。この時ユッキーは何が起こっているのか分かってなかったようで、妨害されて困ってるカメラマンを見て「??」という顔をしていました。かわいい。その顔も写真集に入れてよ~

ガーゴイル ウィズ ユッキー@ノートルダム寺院≫
5/29のNHK特番でもチラッと映った場面です。左手をガーゴイルの後頭部に当てたりして楽しそうにしています。この辺だと思うんですけど、ケン様が「デビルメイクライみたい!」とか言ってました。ユッキーとガーゴイルのコラボが何となくそんな感じに見えるからかな?まぁ、ユッキーの細さは2次元並みだけど(笑)


4月19日上海「DAYBREAK'S BELL」≫
ユッキーの赤だかオレンジだかのジャージしか覚えてません。昔はよくジャージでライブしてましたよね~。結構好きだったんですよジャージライブ(笑)


ユキケン@移動中の車内≫
5/29のNHK特番でも同じシチュエーションの会話違いが放送されてました。
どこかのスタッフ「一週間お休みがありますけど、どうされますか?」
ken「うーん…、ユッキーの家に遊びに行こうかな~!」
yukihiro「…いいよ(笑)」ちょっと驚いたような表情をしていました。
ken「緊張するなぁ~」
どこかのスタッフ「yukihiroさんは?」
yukihiro「…ケンちゃんが来る予定なんで(笑) 掃除して…あとは新しくしたスピーカーを繋いでおこうかな。」
ken「じゃあ俺は、耳掃除していこ~ 」

初めて恋人の部屋に行く時のような会話です。そのうち2人でカラオケとかにも行きだすんじゃないのかな(笑) そして2人で「いい曲だね+*」って言い合えばいいわ(これなんて嵐)

韓国公演前の気の抜けたお馴染みの円陣≫
tetsu「えー…、韓国は3回目です。」
hyde「それ(ユッキーのTシャツ)、ソウル?」
yukihiro「…ううん違うよ(笑)スコール。」
hyde「あぁ…すっ…すこーる…。」
tetsu「(笑)…ハイ!じゃあ韓国行きますよー!せーーのっ!」
全員「あーーーいっ!」

気合入れ直前に関わらずハイドマイペース。話の骨を折っても不快感を与えない愛され体質。その傍ら蔑ろにされているリーダー。この人がリーダーなのってジャンケンで負けたからじゃないのかな(これなんて嵐) しかし「ソウル」と「スコール」のつづりが似ても似つかないのは…そこはあれだ、ハイドマジック。

5月24日香港「MY HEART DRAWS A DREAM」≫
ケン様のイントロ聞くやいなや隣に居たハイヲタAさんが、
A「私…今マイドリはヤバイッす…!」
と言うので、「いいよ!思う存分泣きんしゃい!」と言っておきました。
だけど、私この曲の記憶あんまり無いのね。(えー)

リハ中のテツとコメ≫
tetsu「ここでオリンピックが開かれるんだよね~。う そ ☆」


曲への入り方について打ち合わせをするラルクアンシエル≫
左からテツ、ハイたん、ケン様の順で並んで立ってて、カメラマンの隣くらいにユッキーが居るのでフレームインしているのは3人だけです。その土地の言葉でMCをするので何を言っているのか分からないし、演奏を始めるタイミングが分からないからなんか決めよう、という会議のようです。
tetsu「いつ曲に入るかタイミングがわからない。」
ken「じゃあ最後に曲名を言うとか、なんか日本語で言えばいいよ!」
hyde「#%★&$▲@…!どりんきっだーん!」
hyde「#%★&$▲@…!あなた!」

一瞬にしてほんわか空気が漂う+*

テツとケン様に挟まれてMCの練習をするハイたんが可愛くて可愛くて可愛くてマカロンに挟んで食べてしまいたいと思いました。(食うな) MCの練習を見守るメンバーも私を同じことを思っているはず!だって凄くホワホワしたムードだったもん!

yukihiro「俺、イヤモニしてると何を言ってるのか分からないし、何でみんな笑っているのかとかも全然わかんないんだよね(笑)」この時初めてフレーム外に居たユッキーが映ったので、「あ、4人揃ってたんだ!?」と初めて気付きました。

アジアのどこかのOPリハ≫
「get out~」で幕が落ちる演出~曲入りまでのリハなんですが、落ちてきた幕を集めてハケるコメとスタッフさん達に幕がモロ被り。網で捕獲されたような容疑者状態になり、ハイド爆笑!
歌の入りになってもツボにハマって歌えませんw


企画・演出・絵コンテ師ハイド≫
L'7日本公演の「get out~」とかでヌッと現れてフラフラと帰っていくガイコツ船長の絵コンテを見ながらて、
hyde「(∂д6)<この人、眼からビームとか出して大丈夫なの?バランスとか大丈夫かな?ちゃんと歩けるの??」
と心の底から心配していました。


ドキュメンタリーDVDとかNHK特番でも紹介されたラルクさんの演奏活動以外の全員野球≫
ハイドが最初にエッフェル塔になり、その後にユッキーが重なって右に少し倒れ、ハイドの前にケンちゃんが屈み、ユッキーの後にリーダーが滑り込んでくるんですね。あれ?この記憶はNHKのほうかなぁ?(時間経ちすぎてミックス)
ken「珍しく一体感が生まれたよね~。」
どこかのスタッフ「1年に1回くらいですよね(笑)」
ken「ははは(笑)」


4月26日台北「永遠」≫

*+.。..。.:*・゜(*n゚д゚n*)゚・*:.。..。.+*

ぼくはこの時、真っ白になったんだ…(感極まると記憶力が減退する人)


この曲、凄くいい曲ですよね。コマドリさんの「ライブで毎回聞きたい曲BEST10」には入ってるんですけど、派手な曲ではないので(聴かせる系)セトリには組み入れ難いんでしょうねぇ…。
もし自分に子供が生まれたら、もっとこの曲を深くかみしめられるんだろうなぁ…なんて思いながら聴いていました。


確かAパターンだったと思うんですけど、ケン様が中国語でもん凄く必死にウケを狙おうと頑張ってたんですよw 
「(`w´)<中国に長髪でヒゲの(有名な)人って居ないの?」とか通訳から聞きだしたりして「僕はチャン・フェイです!」と中国語で練習してました。練習していた場所がレストランだったのかな?ウェイトレスと思しき中華服のお姉さんが通りかかって、
「(`w´)<僕はチャン・フェイです。」(中国語)
と言い続けるケン様に捕まえられて苦笑いしてました。姉ちゃんドンマイ。なんか、最初のほうは発音がイマイチだったみたいで通じてなかったっぽいです(笑) で、最後のほうでやっと通じて姉ちゃんも「あ、あぁ…(笑)」みたいなリアクションを取ってくれたんですが、ウケはいまひとつ…。



★ Aパターン終了 ★

朝5時から行動している我々はAパターンの終了と共に体力も終了。(四半世紀の限界) 続けざまにBパターンが見れる予定だったのですが、もう整理番号なんて良いじゃないか…どうせ最後のほうだし滑り込めば何とかなるんじゃねぇの…と生気を失っておりました。ちょっと腰掛けて休憩したいし、、冷たい飲み物も飲みたいし、お花摘みにも行きたいし(私の要望)、と言う事ですぐソコのマックへ移動し暫し休息。

そして時間が来たので、Bパターンの回に入場。Aパターンのときに見る要点をピックアップできたので、2回目のミュージアム入場では見たいトコを重点的にじっくりと、そうでもない箇所はサラッと通り過ぎるという効率の良い鑑賞ができました。2回目の入場で初めて気付いたんですけど、入ってすぐ左側にリーダーの衣装が展示してあったんですね…1回目の入場の時は全く気付きませんでした。あれは配置が悪いよね。入ってすぐ右側にハイたんのシアキス帽子があったらソッチに心奪われちゃうじゃん。(求心力の問題)
ハイたんのボロボロボレロブラウスキラキラステッキマイクなども舐めるように見てまいりました。ユキヒロ先生のドラムセットもこんなに近くで見れる機会も最初で最後かもしれないというハングリー精神を持って目に焼き付けるというよりは目に刻み込むくらいの激しさを持って(気持ち悪いよ)向き合ってきましたよ。それからケン様のラジコン様と古傷の残るグレーのブラウスはもう抱きついてしまいそうになる衝動に駆られましたが、大人の理性が働いて込上げる熱い想いとは裏腹に、体は冷静で…なんか…両手合わせて拝んでました。お労しゅう…ケン様…南無南無…

最後のほうに21日にテツが置いて行ったというフリスクの空ケースとヴィトンの何かが展示してあったとハイヲタAさんとさらたんが言っていたんですけど、見てないんだよね。見てなくても悔しくないもん。(ヴィトンの何かレベル)



★ Bパターン ★

続きましてBパターン。Aパターン共通の石田氏の祝辞が終わると、さっきスタバのテーブルから見上げていた映像が流れ出し「あぁやっぱりドラハイだったのね~!」なんてちょっとした答えあわせをしておりました。

2008年4月26日台北「Driver's high」≫
「(∂∀6)<鋼のちゅばさでぇー!」
ハイヲタAが言い出してからコレやりたくてしょうがないんですよね私(笑)

ラジコン様とお戯れになるケン様≫
どこかの会場の芝生の上でラジコン様と遊んでおいででした。芝生のある会場ってどこでしたっけね?

白スーツ×煙草×サングラスでイカしたケン様のロックスターなメッセージ≫
なんか変に格好つけた喋り方してるんですよ。茶番劇でもしているようなワザとらしさが笑いを誘います。
ken「中国のファン達にもね…良いトコ見せないと…。せっかくですからね。次だと3年後になってしまいますからね…。熱い熱い熱い…ダァァーーーーンッ!!!なライブにしないと、申し訳ないですからね…。フッ。」
どこかのスタッフ「ハイ!カーーット!」
ken「アハハハハ!!ダァァーーーーンッ!!」

…お前ぜってー酒飲んでるべ?「(`w´)<ダァァーーーーンッ!」は何なんだろう?

セレブリーダー@セレブホテル≫
あれかなぁ?グランドハイアットかなぁ?とにかく、高層ホテルの高層階のやたら広くて綺麗でムーディーなお部屋をテツさんが我々庶民に案内してくれます。
お風呂まで案内してくれたんですけど、コレがアレかなぁ?バスタブにお湯が張るまで45分かかるっていう庶民の発想を越えた風呂ですか?(ユキヒロさんが何かでそう言ってました。)

無駄なものを身につけようとするハイたん≫
さらたんとハイヲタAさんが、

「はいどー!!!筋肉なんてつけなくてもいいよぉ!!!
生きていくための筋肉と歌うためだけの筋肉があれば、後はもういいよぉぉお!!」


と真顔で言っていたのを覚えている。さすがハイヲタである。放たれる言葉に鬼気迫るものを感じました。
そんな大ブーイングの矛先はクソが付くくらい似合わない白いTシャツに寝巻きみたいなジャージ、もうどう表現したらいいのか分からないトレーニングシューズ(この際“ズック”でいいかな。)で両手を腰にあて、バイクマシーンをシャーシャー!と軽快に漕いでいました。その後は腹筋を…鍛えていました。私も筋肉ムキムキになった肉体美ハイたんを想像したらゾッとしたけど、逆に皮パンの上にハイドの余分なものが乗ってても嫌だなと思ったので、腹筋とバイクマシーンくらいは許したってください。
しかし、ハイドの筋トレシーンの時に会場中から笑い声が沸きあがったんですけど、うん…みんなも「生きるためと歌うための筋肉があれば十分」って思ってるんですよね。わかります。


5月24日香港「DRINK IT DOWN」≫
がっくん!ばったん!もっさ!もっさ!!とケン様が乱れていました。


ハイドの部屋とフルーツ盛り≫
フルーツ盛りを見た瞬間、仙台の友達で元キャバ嬢のIたんの話を思い出して、勝手にちょっと怪訝な気分になるコマドリさん。
部屋の窓から外を流れる川に目をやり、ナイトクルージングの船をみてハイドが物憂げに、
hyde「どこに行くんだろう…あの船…。どっから来て、どこに行くんだろう…。」

何だ何だ何だ!!??センチメンタルか!?ホームシックか!?非常に誰かに突っ込んでもらいたかったんですが、どこかのスタッフが、
スタッフ「ああいう船に乗ったことはないんですか?」
と続けられて、その場のあまりのシリアスモードに耐えられなくなる私。(何この流れ!?オチの無い話になるような気がするけど…。)

hyde「船旅したこと無いんだよね。あ、津軽海峡…?あそこは機材車で渡ったことがあるな。ラルクのインディーズ時代に機材車を運転して周ってたんだよね。」
スタッフ「みんなで代わる代わる?」
hyde「いや、スタッフが運転して。一台の小さいバスに機材を積み込んで。メンバーも一緒に乗って。凄く寒かったなー。真冬で。じっとしてらんないの。寒くて。暖房してるんだけど、寒すぎて普通に座っていられなくて、こうして(背もたれに腰をかけて足を座席に置く)座ってた。それから、チェーンの『チャリン!チャリン!』って音も覚えてる。」

…やはりオチは無かった…だけど、昔の話を本人の口から聞くのってとても感慨深いような気がしませんか…?もうちょっと聞きたかったなぁ。


5月24日香港「叙情詩」≫
コマドリさんの得意技:感極まると記憶力が減退する。
でも、曲の終盤にケン様がギターの弦をなでる様にして音を出すヤツ(ピックなんちゃら、と言うらしい。)のトコだけは覚えています。

もう兄弟なんじゃないのか。≫
ドキュメンタリーDVDの「北京ダックが食べたいなぁー」のその続きが流れました。この場面、大好きなんですよね+* どうやら記者会見までの待ち時間だったようですね。


ミルクと枝豆≫
ken「ミルクと枝豆って合わないかなぁ~」
yukihiro「口の中が黄緑色になるんじゃない?(笑)」
「口の中が黄緑色になるんじゃない?」←コレがコマドリさんのツボに入りました。

取材を受けるラルクさん。≫
「インターネットという新しいメディアについて」とかと言う質問に答えるケン様。
ken「僕たちが発信したい事を、そのまま伝えられる、世界と簡単に繋がれるっていう意味で…凄く可能性を感じますね。」(時間差がないってニュアンスも含んでいたかと思います。)
このインタのなんが面白いってね、hydeが質問に答えるケン様をじぃぃーーーーーっと見つめていることですね。はいどっ!おまえっ!ケン様が好きなんだろ!!何年も前から気付いてたけどさ!!(勝ち目の無いジェラシー)


マンゴーとテツ≫
チェジュ島で採れたマンゴーをぱくぱく食べてました。

現地の新聞(台湾?香港??)≫
tetsu「隊長やって…。俺、隊長って言うんや…。」
キャプテン徹。

パリのデセール≫
お菓子屋さんの店先で何かを物色する小川代表。
tetsu「近所にフランス人がやっているケーキ屋さんがあるんですけど、こんな可愛くない。」

5月24日香港「Link」≫
間奏での出来事です。メンバー紹介が始まるのかと思ってたら隊長のバナナ投げでございました。そしてその様子をハンディカメラで撮るケン様。そしたらハイドちゃんが、
「(*∂∀6)<僕を撮ってぇ~!」と言わんばかりにケンカメラの前で舌を出してクネクネ(笑) これが可愛いのなんのって大変でしたよ!
演奏に戻ると、ケン様はハンディカメラをブンッ!っと乱暴にふん投げ(映像乱れてたよww)後半スタート。ハイドちゃんはアリーナに降りてましたかね?(記憶無いけど、降りてたって話だ。)


★ Bパターン終了 ★

Bパターンが終ってシアキスうさぎさんとの記念撮影でもしようかね、と思ってたらあまりに凄い長蛇の列に萎えて新宿に移動してしまいました(;´д⊂)根性…無くてゴメンよ…。
新宿に着くと、立ちっぱなし&歩きっぱなしによる足の疲れがMAXだったので「とりあえず座敷があればそれでいい」という条件から連想される「和民」を探していたのですが、看板はあれども入り口が見当たらず(笑) 彷徨っていると居酒屋のキャッチに捕まり実に長ったらしい上に分かりづらい説明をされたので、
「とにかく座敷なんだな、道の説明はいいから連れて行け。」
と迫り店まで案内させた。(お客様は神様精神) でもね、そこまでして行ったのにもかかわらず初夏なのに鍋コースしかないし、単品セレクトすると執拗にコース勧められるし、皿はひっくり返すわで散々な店だったんですww
今まで遠征で色んな県の居酒屋に行ったけど、ここの居酒屋はワースト2位である。だけど、打ち上げそのものはすッごく楽しかったので、その「散々さ」が逆に面白い要素になってました。あはは。

CIMG27201.jpg

ハイヲタHさんが新幹線で帰る時間が迫っている言うので打ち上げ早退し、私たちもそろそろ行こうかと言う事で席を立って近くのカフェに移動。このカフェでの時間も楽しかったなぁ。酔っ払ってて疲れてて眠くて何を話していたのかとか80%は記憶に無いんだけど、なんか楽しかったの(*´∀`*)+* L'20もこのメンバーで集まって打ち上げしてブログには書けないような話をたくさんしたいな~と思いました。考えてみればアレから1年経っちゃったし、早い目で見れば来年の秋くらいとかにはチケットの先行やらアルバムやらと忙しくなってるかもしれませんしね☆ 

3人で夜行バスまでの時間をカフェで過ごし、別れを惜しみながら私とハイヲタAさん、さらたんはそれぞれの地元へと帰って行きました。この「日常へ帰る瞬間」って言うのが何よりも切ないですよね…。
私の夜行バスデビューをプロデュースしてくれたハイヲタAさん、お腹空いてないかしら…とポテトマロンパイを買ってきてくれたさらたん、博多からの熱情を見せてくれたハイヲタHさん、みなさんありがとうございました!!

最後に買ったグッズと頂戴したものをご紹介。
CIMG27321.jpg

エッフェル塔ストラップは今までに無く可愛い!
CIMG27271.jpg



***


えー次の更新は今週中、「VAMPS LIVE 2009/仙台公演6日目の6月6日」を若干鮮度落ちかけの状態でUP予定です。今回のVAMPS LIVEはZEPPでまさかのメモ取りながらのスタンディングですので、無駄に詳細だったり、いい加減だったり、曲を聴き間違えたりしてます。
でもチョー楽しかった!セックスブラッドロックンロール!!

コメント

管理人にのみ表示

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/06/10/Wed 18:20 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/06/17/Wed 06:58 [EDIT]
こまどり@管理人
朝水さん≫
お久しぶりです~!レポ読んでくださってありがとうございます+*

ケン様の衣装ですが、1回目に入ったときはただただ『穴が開いている』と言う事に衝撃を受け、わりと直視できない感じでした。゚(゚つд⊂゚)゚。アナアナ・・!
2回目に入ったときに焦げに気付き、ブラウス焦がして穴あけながらもライブを続行したケン様の男意気に合掌したくなりました。ステキ。ホントあの人に惚れる。

> ちょくちょく嵐ネタが挟まれてて嬉しかったです!(笑)

最近の癒しはもっぱら嵐です。今日もmixiニュースで「ニノは僕の事どれくらい好きなの?」っつー記事を読んで「大野wwwwwwwおまいはわしの癒しだwwwwwww」とさんざん萌えた次第であります。

ラルクさんも譜面台に伝言綴ればいいと思います。
「(∂д6)<kenちゃんはどれくらい俺のこと好きなの?」
どう返すのwww ken様www キニナルwww(悪ふざけでしたすみません。)
こまどり@管理人 | URL | 2009/06/17/Wed 23:42 [EDIT]
こまどり@管理人
にゃんこさん≫
お久しぶりです+* いいなぁ南国・*。+゜★ なんか明るいイメージがありますよねぇ南国って…水不足は大変そうですが、いつも天気よさそうなので羨ましいです☆

にゃんこさんはVAMPSとカブってサカスに来られなかったんですね。゚(゚´Д`゚)゚。 でもほら、2次元(サカス)よりも断然3次元(生VAMPS)ですよ!!!! VAMPS LIVEは仙台の最終日だけに参加したのですが、すっごく楽しかった~(*´∀`*)! 1回きりしか行ってないのに、もうVAMPSの虜となりつつあります(笑)
アルバム聞きまくってますが、「COSMOS」が良い感じですね。いや全部良い。


> でも、筋トレ・パジャマ(?)はいどちゃん、…観たかったなー(泣)

ダッサダサですよwww ドコで買ったwww そのズックwwww 左右のつま先に名前書いてないだろうなwwww と内輪でツッコミ大会の標的になりました(笑)
スマツアDVDの時のように、忘れた頃に日本公演版DVDが出てくるような気がするので、それにチョコッと入れてくれるとか気が利いたコトしてくれないですかね…がんばってくれマーヴェリック!
こまどり@管理人 | URL | 2009/06/17/Wed 23:54 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© Le Petit Jardin. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。